NEW 【映画紹介】6月公開の気になる映画を(プ)レビュー!

【映画レビュー】PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian & Case.3 恩讐の彼方に__ を紹介!

みなさん、こんにちは。
レビュー系VTuberの紙山レベッカ(@rebecca_kmym)です!

今回は『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian』『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』をご紹介します。

動画でもレビューしているのでこちらもどうぞ!▼


ちなみにCase.1についてはこちらの記事でもご紹介しています▼

【映画レビュー】1月の映画感想レビュー

 

Sinners of the Systemシリーズとは?

最新の劇場版Sinners of the Systemシリーズは、人気のアニメシリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス』の続編とスピンオフを兼ねた三部作。

三部作それぞれが独立した作品になっているので、Case.1から順に見なくてもOKなんです!

レベッカ

この短い時間にPSYCHO-PASSのおもしろさがたっぷりつまっているのが大きな魅力のひとつ◎
どの作品も上映時間はたった1時間。サクッと見れるのは助かるにゃあ

ネコチャン


ちなみにPSYCHO-PASSは、いままでにアニメシリーズ2本と劇場版がひとつ作れられています。

もちろん、これらを全部見てから見るのが理想的ではあるんです……が!!

PSYCHO-PASSをいままで見たことがない方も、途中でアニメシリーズを見るのやめちゃった……という方も、下記の2点だけおさえておけば全然楽しめちゃうと思います。

  1. 100年後の日本が舞台のSFアクション×刑事モノのサスペンス作品である
  2. 人間の精神を数値化して管理するシステムを利用することで、刑事による即時逮捕・処罰が可能になっている

※劇中では、厚生省管轄の警察組織「公安局」の監視官・執行官を“刑事”としています。社会の福祉を守る省庁が犯罪を取り締まっているというところも考えながら見るとおもしろいですよ!


なんなら、『サイコパス SS Case.3 恩讐の彼方に__』はこの2点すら知らなくても楽しめちゃいます。

レベッカ

元刑事が異国でテロリズムと戦う……なんてフレーズにグッとくるタイプならCase.3がかなりオススメ◎
時代劇にゃんかの「義理人情モノ」がお好みにゃらCase.2を!

ネコチャン

 

そもそもPSYCHO-PASSとは?

PSYCHO-PASSは、踊る大捜査線の監督として有名な本広克行さんと、攻殻機動隊でも有名なアニメ制作会社プロダクションI.GによるSFアニメ。

刑事モノ、SFそれぞれで評価が高い同士のタッグとあって、アニメシリーズの制作が発表された当時はかなりの話題になっていました。

レベッカ

警察モノといえばやはり、ベテラン刑事の“義理人情”も楽しみのひとつですよね。踊る大捜査線ならいかりや長介さん演じる和久さんとか……!!
その点ではPSYCHO-PASSでも征陸という渋~いベテラン執行官がその役割を果たしてくれてるにゃ

ネコチャン

 

押井守監督による映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』、神山健治監督によるアニメシリーズ『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、どちらも甲乙つけがたい名作だよにゃ

ネコチャン

レベッカ

わたしは小学生のころに読んだ士郎正宗先生による原作マンガ『攻殻機動隊』のエロさと注釈のおもしろさに衝撃を受けて、それ以来ずっとこの作品の虜です……


さらにアニメ第1期の脚本は、あの『Fate/Zero』の原作小説や『魔法少女まどか☆マギカ』の脚本家としてもおなじみの虚淵玄さん。

虚淵さんによる高い構成力、容赦のない展開、舞台設定を無駄にしない作り込まれたストーリー……そしてなによりも魅力的なキャラクターたちが光る名作SFアニメになっています。

Fate/Zeroは虚淵さんが書いた小説をベースにアニメ制作会社「ufotable」が制作したアニメシリーズもあります。超絶クオリティなので小説苦手だな~……という方はぜひそちらも!

 

アニメ史に残る名作『魔法少女まどか☆マギカ』。アニメシリーズもすごいですが、劇場版はさらにヤバイです。

 

PSYCHO-PASSは“ディストピアSF”

人々の精神が数値化され、管理される「シビュラシステム」が社会を支える日本を舞台。

人のあらゆる行動や性質が国によって管理・監視されているディストピア”的なSFアニメになっています。


社会の監視システムとそれを支えるIT技術は進んでいますが、攻殻機動隊にも代表されるような電脳化技術はあまり進んでいる描写はあまりありません。

義体(サイボーグ)化も同様で、使用自体はされているものの必要最低限の表現になっています。


PSYCHO-PASSのメインテーマはおそらく『監視社会でわたしたちはどう生きるのか?』なのかなと。

なにか制約が働く社会に満足できないとき、
・ただその社会でなにも感じないふりをして我慢するのか?
・社会の内側から変えていくのか?
・社会の外側から変えていくのか?
それとも、ほかの選択肢を模索するのか……

現代社会への向き合い方にも通じるようなテーマを、魅力的なキャラクターを通して考えさせてくれる名作アニメになっています。

 

人の精神を管理するってどういうこと?

PSYCHO-PASSでは、人の精神状態を「色相」や「犯罪係数」といった概念を設けて、数値化して管理しています。

色相(しきそう)とは?

「色相」は、精神状態の健全さやピュアさの総合判定を担っていて、クリアであればあるほど良しとされています。

逆にストレス等でこの色相が濁ってくると、カウンセリングの必要があったりと、まるで「病人」のような扱いを受けることになる仕組みです。

レベッカ

大衆と異なる色相をもつ人々を「病人」→「犯罪者」として扱う感じは、LGBTQ等がたどってきた歴史に似ていて少しゾッとしてしまうんですよね……

 

犯罪係数(はんざいけいすう)とは?

「犯罪係数」は、色相をはじめとした精神状態から導き出されるもの。

犯罪などの反社会的な行動を実際にとった場合や、反社会的な行動をとる可能性が高いときに数値が上がる仕組みになっています。


「犯罪者」と定義される人々を早めに見つけ出することで、この世界の秩序を保つ重要な数値として作中では使用されています。

レベッカ

スティーブン・スピルバーグ監督によるSF映画『マイノリティ・リポート』も似たような設定が使われていますね!
近未来的なUIの描写も含めて、当時は画期的な作品だったんだよにゃあ

ネコチャン


主人公たちはこの犯罪係数を計測できるデバイス「ドミネーター」を使用して、犯罪捜査を行います。

このドミネーターで計測する犯罪係数の数値は、AIによる間違いようのないものとされているので、ドミネーターの出す指示に従って、逮捕・刑罰の即時執行を行っているわけです。

犯罪係数の上下はどうして起こる?

この作品を見るにあたっては、登場するキャラクターたちがどんな信念を持っているのかというところに焦点を当てて見ることをオススメします。

というのも、犯罪係数がいかにして上下するのかは、その人がさらされるストレスや環境に左右されるんですよね。

自分が信じているものと社会とのギャップが大きいとき、人間はかなりのストレスを感じます。

PSYCHO-PASSの舞台は「犯罪が激減した監視社会」

人の行動は、AIが決める時代に登場するキャラクターたちは、それぞれの性格や信念はもちろん、犯罪係数が低いキャラから高いキャラまで様々。

あなたが魅力的だと思うキャラクターは、犯罪係数が高いのか、それとも低いのか……。

アニメを通して、自分が求める理想的な社会の姿まで知ることができるかもしれません(ΦωΦ) フフフ…

サイコパス SS Case.2 First Guardianの紹介&感想


さて、ここまででPSYCHO-PASSの基本はお話できたかなと思うので、ようやく本題!

まずは『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian』からご紹介していきたいと思います。


じつはCase.1に引き続き、Case.2も初日舞台挨拶に当選したので、キャスト&監督のお話をたっぷりうかがえました。

初日舞台挨拶の詳細はこちらの記事もぜひ▼

参考 劇場版「PSYCHO-PASS」Case.2、東地宏樹と関智一が有本欽隆との思い出語る映画ナタリー


制作費など、大人の事情で1作品1時間でおさめるという制約がある中、Case.2もCase.1に引き続き、本編の長さは59分59秒だったとのこと。

制作陣のギリッギリまでおもしろさ詰め込んでやるよ……!っていう気概を感じますね!!


今回のCase.2は、アニメシリーズ第2期に登場した須郷と、第1期からの大人気キャラ征陸のとっつぁんのダブル主人公。


じつはこの征陸を演じる有本欽隆さんが、ちょうど同じ時期にお亡くなりになってしまいまして、今回の舞台挨拶では、須郷を演じた東地宏樹さんのほか、狡噛役の関智一さんや塩谷監督のみの登壇となりました。

有本さんから直接お話を聞くことが叶わず残念ではありましたが、東地さん・関さん・塩谷監督による有本さんの思い出話がとても楽しくて、まさに征陸のとっつぁんの人柄ごとしれたようなあたたかい舞台挨拶でした。


本編も本当に最高の出来で、SF・サスペンス・義理人情のバランスが◎

PSYCHO-PASSファンはこのCase.2が一番のお気に入り!という方も多いのではないでしょうか?

レベッカ

ちなみにわたしはいろいろ感極まってガン泣きしました……
さては義理人情を信念とするとっつぁんに泣かされたにゃ?

ネコチャン


東地さん演じる須郷は、アニメシリーズではあまり目立ったキャラではなかったので、今作でしっかり深掘りされていて、そちらもシリーズファンとして大満足でした。

征陸のとっつぁんの義理人情が光る名作、ぜひこの機会にご覧いただければと思います。

サイコパス SS Case.3 恩讐の彼方に__の紹介&感想


Case.3も公開初日に見に行ったのですが、なんと当日にアニメシリーズ第3期制作決定の朗報が……!!!

参考 TVアニメ第三期、制作決定!!2019年10月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始PSYCHO-PASS サイコパス 公式サイト


待望の続編決定の報を知って興奮が冷めやらぬ中、シネマシティの【極上音響上映】で鑑賞してきました!

いや~~ヤバかったです……。

Case.3はアニメシリーズでも絶大の人気を誇る狡噛慎也を主人公にしたスピンオフ作品。

狡噛さんのカッコよさが煮詰まってできたような名作でした。

1時間でこの面白さ、ほんとすごいです。

レベッカ

しかも狡噛さんと少女のかわいらしい絡みも堪能できるんですよ……やばくないっすか……
ほほう、まさに狡噛ファン垂涎の出来だにゃ

ネコチャン


もしかしたらこの『Case.3 恩讐の彼方に__』が、今回つくられた全3部作の中で一番サイコパス初見の方が入りやすいかもしれません。

100年後の未来、内戦やテロリズムと向き合い、時には拳をふるい銃を抜く元刑事の主人公……この設定にピンときたら一見の価値ありです!٩( ‘ω’ )و
 

恩讐の彼方に、彼は何を見るのか

今作のサブタイトルにもなっている『恩讐の彼方に』は、菊池寛による実在の小説のタイトルをそのまま引用しています。

この本は劇中にも出てくるので、見る前・見た後にチェックしてみるとより作品を深く楽しめると思います。

ちなみに、この小説は今からちょうど100年ほど前の1919年に発表された短編小説なので青空文庫で0円で読めちゃいます◎

参考 恩讐の彼方に - 菊池寛青空文庫

レベッカ

すぐに影響されるタイプのオタクなので菊池寛の『恩讐の彼方に』をKindleにイン!青空文庫は好きな電子書籍リーダーで読めるのもいいですよね
Case.3の舞台は、小説が発行されてからさらに200年後もあとにゃんだのう

ネコチャン

レベッカ

狡噛さんはこの小説の主人公と自分を、どう重ねたんだろうね……



はい!というわけで……以上、『サイコパス SS Case.2 & Case.3』のご紹介でした!

今なら前作のアニメシリーズがNetflixやhuluの見放題対象になっています。

近年のアニメ史に残る名作なので、ぜひこの機会にお楽しみくださいませ!

それでは、レベッカでした!バイバーイ(ΦωΦ)ノシ

ハリポタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です